初めての方へ

ホーム

メインメニュー

2019-11-08

(訪問着)正絹 久保田一竹[一竹辻が花/一竹工房]辻が花模様 訪問着(良品)(リサイクル)(着物)■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【商品説明】
正絹・久保田一竹[一竹辻が花/一竹工房]の訪問着です。
金通し辻が花地紋の淡い薄藤色地に青紫の裾ぼかしと絞りと多色で辻が花が柄付けされています。
表地全体にも金糸の辻が花の地紋が入っています。
重厚な三重織地が独特の風合いを醸し出される逸品です。

[久保田一竹]
1917年10月7日生まれ。
友禅師の小林清に師事。
戦後シベリア抑留から帰国後その研究に力をそそぐ。
「一竹辻が花」とよばれる技法を発表して注目をあびる。
1977年:初の個展を開催。以来、国内はもとよりヨーロッパ、北米においても展覧会を開催。
1990年:フランス政府より、フランスと世界に芸術的に影響を与えたということで[フランス芸術文化勲章シェヴァリエ章]を受賞。
1993年:文化庁より文化長官賞を受賞。
1994年:河口湖畔に自ら[久保田一竹美術館]を建設。
1995年6月より10月にかけてはカナダ・オタワ近郊のカナダ国立文化史美術館にて個展。
1995年11月〜1996年4月:現存作家の個展を過去一度も開催したことのないスミソニアン博物館にて個展を長期開催。
1997年:日本全国13都市にて巡回展を開催するとともに、7月には[久保田一竹美術館]の『新館』が完成。
2000年:ベルリンとウィーンにて個展を開催。その後、久保田一竹美術館での創作舞台と連作「光響」の制作に全精力を投入。 
2003年4月26日逝去。享年85歳。

[一竹辻が花]
1937年、久保田一竹は20歳の時に出会った古の「辻が花」の小裂に魅了され、いつの日かこの染を復活させたいという思いにかられる。 
その後、応召、終戦、そしてシベリアでの3年間に渡る抑留生活といった困難な時代を経、少しずつ「辻が花」の研究を開始。
1961年、現在の場所に一竹工房を開設し、ここを本拠地とし、本格的な研究に入る。 
翌1962年、自身の創意工夫、「度重なる重ね染め・重厚な絞り・独創的デザイン及び色調」を基調とした作品を「一竹辻が花」と命名。 
1977年、久保田一竹、60歳にして念願であった初の個展「久保田一竹展」が銀座ミキモトで開催。 
久保田一竹が20歳で出会って以来40年、ようやく「一竹辻が花」を世に発表。 
その後、国内外で多数の展覧会が開催され、「一竹辻が花」が開花。

[一竹工房]
1961年、故久保田一竹が前身である「一竹工房」を開設。 
1981年、「株式会社一竹工房」設立。一竹工房で制作される「一竹辻が花」の作品は久保田一竹美術館での展示及び国内外での美術展覧会を通じ、芸術品として、また最高峰の染色品として高い評価を得ています。
次世代の技術者を育成すると共に、日本の優れた文化・芸術の復興及び発展をめざす制作集団です。

◆生地:正絹
◆胴裏:正絹
◆手縫仕立

【状態】
胴裏がアイボリーに変色していますが、表地には目立つ染みや汚れなどは無い良品です。

【寸法】
身丈160cm】裄丈62.5cm】袖丈48.5cm】前巾23.5cm】後巾30cm

身丈4尺2寸3分】裄丈1尺6寸5分】袖丈1尺2寸8分】前巾6寸2分】後巾8寸

広衿】裄出し5cm可能】身丈は肩からの寸法です。
※裄出しは可能ですが、一竹の生地は裄出しすると筋が残ってしまいます。
裄出しご希望の方は、その旨、ご承知置きください。

●●TPO:【フォーマル/礼装】結婚式・披露宴・入学式・卒業式・パーティー・お茶会・お宮参り・七五三・etc

■仕立済み・リサイクル■

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
hou-bl


◆◇新品からリサイクル・中古まで。。着物や帯・和装小物が勢揃い。。◆◇

 

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0 点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
2019 年 2 月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
2019 年 3 月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 定休日 イベント